フォト
無料ブログはココログ

私の大好きなバーダーさん

  • 漂鳥 さん
    野鳥について色々考えさせられるコメントが素敵です。
  • みつわ さん
    わたしの大好きなブログです。
  • スプーンビル さん
    県東部で精力的に活動されている私の先生です。シギチをメインにどんな鳥さんにも深い愛情が感じられます。 狙った獲物は向こうからやって来るようです。
  • vivi_kota さん
    私の普段の行動範囲にお住まいの河北潟の先生です
  • おやじさん
    美しい風景や野鳥を求めていつも飛び回っておられる元気なおやじさんです。
  • 夢太郎さん
    プロの写真家さんです。野鳥撮影は趣味のようですが,作品へのこだわりは,やはりプロ!!
  • こ~ぼう さん
    800mmの大砲を担いで、元気に飛び回っておられます。そのパワーに圧倒されますが、結果が着いてくるところが凄いです。
  • kogamo さん
    ねいの里、呉羽山を中心に精力的に活動されているナチュラリストさんです。(私のブログ初の女性登場です(*^_^*) )
  • りんごさん
    kogamoさんと同期のナチュラリストさんで大の仲良しさんです。kogamoさんとは、また違った感性を持っておられて、kogamoさんと比較しながらブログを見るのが楽しみです。
  • ライダーさん
    私が鳥見を初めた頃、鳥やカメラのことを色々教えて頂いた、私の大事な先生のお一人です。 登山やバイクも趣味にしておられるようです。
  • haseさん
    北陸の西側で活動されています。鳥だけでなく蛍や天体写真、花火など多彩な被写体に取り組んでおられて、とても勉強になります。(機材は高級過ぎて真似できません(汗))

野鳥との出会い

  • 800size20071007_t_11
     バーダー初心者の私が出会った野鳥たちです。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月 7日 (木)

アンドロメダ星雲の試写/自宅庭にて

【2013年11月2日撮影】

あと一ヶ月に迫ったアイソン彗星の接近に備えて、天体撮影の練習を始めました。バードウォッチングをはじめる前の2年間ほど、学生時代からの夢だった天体望遠鏡を買って美しい星雲写真にチャレンジしたのは良かったものの、中途半端な性能の機材だったのと北陸の晴天率の悪さに嫌気がさしてお蔵入りにしていました。

しかし、今更、重い赤道儀等は引っ張り出す元気もないので、鳥撮り用の機材を有効活用できる、お気軽天体撮影に挑戦することにしました。取り敢えずの狙いは、私たちが住む銀河系のお隣さんの銀河であるアンドロメダ星雲で練習を始めました。

お気軽撮影用の機材では少し重量オーバーでしたが、なんとかならんかと思って取り敢えず撮ってみました。それが↓。

アンドロメダ星雲(M31) 1

800sizeh250923_0958


うーん。これでは、私のイメージするアンドロメダとは似ても似つかないものでした。(汗)

ヤッパリお金をかけないと駄目?そこで詳しい方にアドバイスして貰った次の作品が下↓。

アンドロメダ星雲(M31) 2

800size_d600_30sec_iso1600_300mm_13

おお!何となくそれらしい姿が現れてきたではありませんか。しかし、この時は半月で条件は良くありませんでしたが、加えて、まだまだピントも露出も不十分との駄目出しのアドバイスを頂きました。

それで、新月に近い晴天の日をまつこと一ヶ月。天気予報を見る限り、先週末の金曜日の夜がワンチャンスと思って、仕事から帰るなり晩ご飯もそこそこに再トライしてみました。それが次の写真。

アンドロメダ星雲(M31) 3

800sizeh2511_iso1600_60s_3_2


条件が良くなった分、気持ち、ましになったような気がします。ピントも画像処理も未だ未だ不十分ですが、なんとなく、何とかなりそうな雰囲気になってきたと思いませんか?あとは練習あるのみ。。。。かな?

(全て)

Nikon D600、AF-S 300mm ED F4(D)

《今回メモ》

まだまだ、駄目だしだらけですが、アイソン彗星が十分明るくなってくれれば、この程度でも十分ではないかと思ったりしています。ただ、肝心のアイソン彗星が期待通りの大彗星になってくれるかどうかは、今のところ神のみぞ知る。。です。(*^-^*)

天体写真は、かけたお金に比例して美しい写真が撮れると言われています。でも、個人で買える程度の機材で良く見かける美しい星雲写真が撮れると思ったら大間違い。それを狙ったら泥沼にはまります。(笑)

寧ろ、この最低限の機材で何処までの天体写真が撮れるかにチャレンジするのもまた、面白いかもしれませんね。(*^-^*)

2013年11月 3日 (日)

ようやく会えましたイスカ/隣県にて

【2013年11月2日撮影】

数年前、春のGWに舳倉島初渡航をしてノビタキが見られたと喜んでいる間に、ここにやってきたイスカを見逃して以来、毎年、密かにこの子達が帰って来る日を待っておりました。

先週の日曜日は、散々迷ったあげく、結局、庭の剪定の真似事をしている間に、イスカが来ていたと聞き、またかと後悔しきりでした。密かに私が行ける一週間後まで待っていてくれるようにと毎日お願いしていたら、本当に残っていてくれました。(*^-^*)

奥様も是非見てみたいというので、珍しく早めに行ってみてビックリ!!関西ナンバーの車と人で溢れかえっていました。でも、おかげで、直ぐにポイント発見。しばらくの間でしたがたっぷり見ることができました。

飛んでいるところを見る限り、少なくとも50羽は居ました。もうそろそろ旅立ちでしょうね。

赤が♂、黄色が♀だそうです。これは、恋のライバルか?単なる食べ物の奪い合いか?

雌は、雄のケンカにお構いなく、マイペースで餌を啄んでいました。

イスカ1 (中トリ)

800sizeh251102_9184


イスカ2 (中トリ)

800sizeh251102_9185


イスカ3 (中トリ)

800sizeh251102_9323


イスカ4 (大トリ)

800sizeh251102_9456


イスカ5 (大トリ)

800sizeh251102_9458

等倍近くまでトリミングしました。嘴が交差しているのがよく判ります。おかしな鳥が居るモノですね。

イスカ6 (超大トリ)

800sizeh251102_9463


イスカ7 (中トリ)

800sizeh251102_9526

(全て)

Nikon D300、NIKON Ai AF-S Nikkor 500mm F4/G ED VR +TC-14E Ⅱ

水場に下りてこないかと思ったのですが、どこも人で溢れかえっているので、早々に諦めて帰ってきました。(汗)

《今回メモ》

待つこと数年、ようやく待ち焦がれたイスカに会えました。それもこんなに沢山!!

一週間待って居てくれて有り難う。(*^-^*)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック