フォト
無料ブログはココログ

私の大好きなバーダーさん

  • 漂鳥 さん
    野鳥について色々考えさせられるコメントが素敵です。
  • みつわ さん
    わたしの大好きなブログです。
  • スプーンビル さん
    県東部で精力的に活動されている私の先生です。シギチをメインにどんな鳥さんにも深い愛情が感じられます。 狙った獲物は向こうからやって来るようです。
  • vivi_kota さん
    私の普段の行動範囲にお住まいの河北潟の先生です
  • おやじさん
    美しい風景や野鳥を求めていつも飛び回っておられる元気なおやじさんです。
  • 夢太郎さん
    プロの写真家さんです。野鳥撮影は趣味のようですが,作品へのこだわりは,やはりプロ!!
  • こ~ぼう さん
    800mmの大砲を担いで、元気に飛び回っておられます。そのパワーに圧倒されますが、結果が着いてくるところが凄いです。
  • kogamo さん
    ねいの里、呉羽山を中心に精力的に活動されているナチュラリストさんです。(私のブログ初の女性登場です(*^_^*) )
  • りんごさん
    kogamoさんと同期のナチュラリストさんで大の仲良しさんです。kogamoさんとは、また違った感性を持っておられて、kogamoさんと比較しながらブログを見るのが楽しみです。
  • ライダーさん
    私が鳥見を初めた頃、鳥やカメラのことを色々教えて頂いた、私の大事な先生のお一人です。 登山やバイクも趣味にしておられるようです。
  • haseさん
    北陸の西側で活動されています。鳥だけでなく蛍や天体写真、花火など多彩な被写体に取り組んでおられて、とても勉強になります。(機材は高級過ぎて真似できません(汗))

野鳥との出会い

  • 800size20071007_t_11
     バーダー初心者の私が出会った野鳥たちです。

« (在庫より)カッコウ&セイタカシギ/隣県にて | トップページ | ササゴイいろいろ/県東部にて »

2012年7月22日 (日)

(先週の在庫より)雷鳥母子/立山室堂にて

【7月16日撮影】

そろそろ雷鳥の雛が見られる頃だと思ってネットで調べていたら、どうも丁度良いタイミングのようです。天気予報では、チャンスは3連休の最終日のみ。

その日は迷わず早起きしました。と言っても5時(汗)

奥様は残念ながらぎっくり腰で無理だったので、一人で決行しました。

家を出たときは既に30℃。でも、室生平では14℃!!これだけでも来た甲斐がありました。(*^-^*)

取りあえず、ミクリガ池周辺を散策しようと思ったらいきなり人だかりが。。

居ました居ました。1母1雛。生まれて数日程度と思われましたが、元気に崖のを登っていくのを感心してみていました。

ライチョウ1 (中トリ)

800sizeh240716_3252


ライチョウ2 (中トリ)

800sizeh240716_3305

この子は、水が怖いらしくて、一度降りて来た後、もう一度上に戻って、再度お母さんに追いつこうと、決死の覚悟でこの川を渡って行きました。その仕草がとても可愛かった(*^-^*)

ライチョウ3 (中トリ)

800sizeh240716_3278_2


ライチョウ4 (中トリ)

800sizeh240716_3313

崖の途中で、天敵でも見つけたのか、暫くお母さんのお腹の下に隠れました。

ライチョウ5 (中トリ)

800sizeh240716_3349


ライチョウ6 (中トリ)

800sizeh240716_3352

この子は違う場所のお花畑にいましたが、私が行った時には既に遅く、1時間ほど粘りましたが、このまま崖下へ降りていってしまいました。(-_-;)

ライチョウ7 (中トリ)

800sizeh240716_3380


(全て)

Nikon D300,AF-S 300mm ED F4(D) +TC-14E Ⅱ

(今回メモ)

目的のライチョウ親子には会えましたが、私の期待したものとは大分違っていました。本当は5~6羽引き連れたご夫婦連れを見たかったのですが、この時期、子連れのご夫婦はなかなかみられないようですね。

« (在庫より)カッコウ&セイタカシギ/隣県にて | トップページ | ササゴイいろいろ/県東部にて »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

りんごさん、今晩は。

私は、昼過ぎに帰ってしまったので、りんごさんとは完全にすれ違いでしたね。最初は、弥陀ヶ原にも寄るつもりでしたが、室堂の成果が今ひとつ(というより、ミクリガ池2周でバテました(汗))だったこともあり、弥陀ヶ原で降りる元気がでませんでした。(笑)
りんごさんが会われた場所は多分私と同じ場所のような気がしますが5羽の雛とは豪勢ですね。私の会った家族とは別の家族のようです。
雄に会えるまで粘ろうかどうしようか迷ったのですが、どうも雄は現れなかったみたいですね。(朝、私が着く前の時間帯に目撃例があったようですが。。)
来年は、雄が見られる時期に行ってみます。
(秋でも雄は見られるのでしたっけ?)

こんばんは。
雷鳥親子さん2組に出会われよかったですね。初めて?の川を渡る雛の様子が良く撮られていますね。
私は、午後から出かけた時は、みどりが池周辺でした。5羽の雛を連れていましたが、だんだん下へ行ってしまい、撮影は難しかったです。
人だかりになるので見つけやすかも?
室堂がお花でいっぱいになる頃にまた出かけたいですね。

kogamoさん、今晩は。

>川の前で、怖々している雛の表情がよく撮られ
>ていますね。

この時は、私も心配して見入ってしまいました。お母さんは何の心配もなさそうにとっとと進んで行く後ろで、川の前で行ったり来たりする雛がどうするのか思わず心配してしまいましたが、最後は「えいっ、やぁ~」って感じで走って渡れました。(笑)
走って渡っているところも連写したのですが、残念ながらピンぼけでした。(汗)

>雪が少し見えてますが、私の出会った親子とは
>違う場所かも知れませんね。ジョビちんさんは別
>の親子も見られてたのですね。

時間的に多分最後の写真が、kogamoさんが会われた親子だと思います。先の親子に会わなければ多分kogamoさんと一緒に撮っていたかもしれませんね。(*^-^*)
望遠レンズを付けたカメラを持った女性はそんなに居ないと思って、それなりにkogamoさんを探していたんですよ(笑)
私は、300mmを持って行きましたが、600mmを担いできた人がお花畑に居ました。私には真似できませんが、kogamoさんも会われたのでは無いですか?


>残された家族は母子家庭となります(笑)
>可愛い子たち、皆元気で育って欲しいですね。
「母子家庭」・・・思わず笑ってしまいましたが、確かに母子家庭ですね。子供ができたら何処かへ行ってしまえるお父さんって。。。。。。羨ましい!!
(笑)
この親子は母一人、子一人のようでしたが、ホントに元気に育って欲しいと思いました。

こ~ぼうさん、今晩は。
立山室堂では、比較的簡単に会えますが、わざわざ来て頂いても、このほかには、イワヒバリとカヤクグリ、メボソムシクイ、運が良ければ、ホシガラスくらいしか。。。少し下の弥陀ヶ原では、お花畑のほか、ビンズイ、ウグイス、ホトトギスくらいでしょうか。。。

本当は、雄も一緒だと、もっと華やかなんですが。。。(汗)

時期を上手く選べば、舳倉島に来られた時に寄られれば、縄張りの見張りをしている雄を簡単に見られるかもしれませんね。い言う私も、未だその時期には行ったことがありません。(汗)

こんばんは。ライチョウ親子をしっかり撮られてたんですね(*^_^*)
川の前で、怖々している雛の表情がよく撮られていますね。お母さんに寄り添うヒナの姿もとっても微笑ましいです。
雪が少し見えてますが、私の出会った親子とは違う場所かも知れませんね。ジョビちんさんは別の親子も見られてたのですね。
>5~6羽引き連れたご夫婦連れを見たかったのですが、この時期、子連れのご夫婦はなかなかみられないようですね
オスは、ヒナが生まれるとお役目が終わるので、その後はオス同士で過ごすようですね。
残された家族は母子家庭となります(笑)
可愛い子たち、皆元気で育って欲しいですね。

ジョビちんさん、こんにちは
ライチョウですか、羨ましいですね
一度は撮りたい鳥さんなんですが、機会が有りません(泣)
ツーショットのシーン、雛はとても可愛いいのですが、傍の母鳥は何やら心配そうな顔をしていますね
それにしても、とても微笑ましいです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400326/46423489

この記事へのトラックバック一覧です: (先週の在庫より)雷鳥母子/立山室堂にて:

« (在庫より)カッコウ&セイタカシギ/隣県にて | トップページ | ササゴイいろいろ/県東部にて »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック