フォト
無料ブログはココログ

私の大好きなバーダーさん

  • 漂鳥 さん
    野鳥について色々考えさせられるコメントが素敵です。
  • みつわ さん
    わたしの大好きなブログです。
  • スプーンビル さん
    県東部で精力的に活動されている私の先生です。シギチをメインにどんな鳥さんにも深い愛情が感じられます。 狙った獲物は向こうからやって来るようです。
  • vivi_kota さん
    私の普段の行動範囲にお住まいの河北潟の先生です
  • おやじさん
    美しい風景や野鳥を求めていつも飛び回っておられる元気なおやじさんです。
  • 夢太郎さん
    プロの写真家さんです。野鳥撮影は趣味のようですが,作品へのこだわりは,やはりプロ!!
  • こ~ぼう さん
    800mmの大砲を担いで、元気に飛び回っておられます。そのパワーに圧倒されますが、結果が着いてくるところが凄いです。
  • kogamo さん
    ねいの里、呉羽山を中心に精力的に活動されているナチュラリストさんです。(私のブログ初の女性登場です(*^_^*) )
  • りんごさん
    kogamoさんと同期のナチュラリストさんで大の仲良しさんです。kogamoさんとは、また違った感性を持っておられて、kogamoさんと比較しながらブログを見るのが楽しみです。
  • ライダーさん
    私が鳥見を初めた頃、鳥やカメラのことを色々教えて頂いた、私の大事な先生のお一人です。 登山やバイクも趣味にしておられるようです。
  • haseさん
    北陸の西側で活動されています。鳥だけでなく蛍や天体写真、花火など多彩な被写体に取り組んでおられて、とても勉強になります。(機材は高級過ぎて真似できません(汗))

野鳥との出会い

  • 800size20071007_t_11
     バーダー初心者の私が出会った野鳥たちです。

« 立山室堂散策その2/高山植物とイワヒバリほか | トップページ | 自宅庭に来たオナガ家族/オナガとアオガエル »

2008年8月22日 (金)

立山室堂散策その3/ライチョウ親子と立山

今週末は,研修センターでの有り難いお勉強と,日曜日には地区運動会が待っています。というわけで,鳥見はお預けです。

代わりに,前回からお預けになっていた立山のライチョウ親子を載せました。

地味な雌と雛。それも保護色になっていて,どれもこれも,ハッキリしない似たような写真ばかりになってしまいました。(^_^;)

距離30m。ちょっと遠いので中トリミングしています。諦めかけた,帰り際にやっと会えたので,時間が気になって焦っていたせいか,苦労してデジスコセットを担いでいることを忘れていました。(-_-;)

後で考えると,丁度,デジスコが威力を発揮する距離だったかもしれません。もうチョットましなのが撮れたのかも。。。。(-_-;)

先ずは,室堂平からみた立山(雄山)と,高山植物。

800sizeh200810_t

800sizeimg_8782_t

中央の凹んだところに一の越山荘が見えます。残念ながらここからは,剣岳は見えません。

ミクリガ池周辺を2周したあと,諦めての帰り道。階段付近に人だかりがしていて,「ライチョウ・・・・」の声が聞こえた時には「やっとか!」と思いました。それも雛を連れているのが二組。

残念ながら,ちょっと遠いのが難点でしたが,贅沢は言ってられません。(^_^;)

一枚目は速報版でも載せた親子。(中トリ)

800sizeh200810_t_2

あとは,みんな同じようなモノのオンパレードです。(^_^;)

この子は大トリ,その他は全部中トリミングです。

800sizeh200810silky_t 800sizeh200810silky_t_2

800sizeh200810silky_t_3

この写真だけ,別親子です。雛が大分大きくなっています。

この親子は,雛を1羽だけ連れていました。もう一方のは,小さい雛を2羽連れていました。

800sizeh200810silky_t_4

800sizeh200810silky_t_5

全部,無事に大きく育ってくれることを願うばかりです。

《今夏の立山室堂平のまとめ》

秘かに狙っていた,イワヒバリを見ることができました。それと,やっぱり,ライチョウの親子連れは,観光客の皆さんから「可愛い!!」と人気を集めていました。(チョット遠かったのが残念でした。)

も一つ秘かに狙っていたオコジョは,現れませんでしたが,ライチョウ親子にはその方が良いのかもしれませんね。

来年は,skyworldcupさんのような絵になるライチョウを撮りに行きたくなりました。(*^_^*)

(初見・初撮り) イワヒバリ

(その他) ライチョウ親子,メボソムシクイ,ウグイス(声)

◆イワヒバリ,やっと会えました。ライチョウ親子はヤッパリ人気ものでした。◆

« 立山室堂散策その2/高山植物とイワヒバリほか | トップページ | 自宅庭に来たオナガ家族/オナガとアオガエル »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

-->vivi_kotaさん。今晩は。

ライチョウが現れると,いつも人だかりができますが,今回は子連れだったので,「可愛い!!」の歓声がいつもより多かったです。(^_^)

オコジョは,昨年,私が行った次の日に現れたと新聞に載りました。で,秘かにきたいしていたのですが,むしが良すぎでしたね。(^_^;)


-->こ~ぼう さん。今晩は。
立山は良いですよ~。あまり苦労せずに高原に行けるのが良いです。
でも,こ~ぼうさんが北陸に来られるとしたら,舳倉島遠征との合わせ技でないと遠出の価値が無いでしょうから,時期的にはちょっとずれていますね。
舳倉島シーズンのGWの時期は,有名な雪の大谷の雪の壁と白いライチョウなら見られると思います。(^_^;)

ジョビちんさん、おはようございます
雷鳥の親子に遭遇とは、羨ましいですね
デジスコを持っていたら、かえって会えなかったかも知れませんよ(笑)
私も来年は、この地に行って見たくなりました

雛は可愛いですね。やっぱり人気があるんでしょうね。

二組の親子に会えるなんて、かなり珍しいことだろうと思います。

これでオコジョに会えたらかなり贅沢です。でも会ってみたいですね。幻のオコジョ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400326/23084949

この記事へのトラックバック一覧です: 立山室堂散策その3/ライチョウ親子と立山:

« 立山室堂散策その2/高山植物とイワヒバリほか | トップページ | 自宅庭に来たオナガ家族/オナガとアオガエル »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック