フォト
無料ブログはココログ

私の大好きなバーダーさん

  • 漂鳥 さん
    野鳥について色々考えさせられるコメントが素敵です。
  • みつわ さん
    わたしの大好きなブログです。
  • スプーンビル さん
    県東部で精力的に活動されている私の先生です。シギチをメインにどんな鳥さんにも深い愛情が感じられます。 狙った獲物は向こうからやって来るようです。
  • vivi_kota さん
    私の普段の行動範囲にお住まいの河北潟の先生です
  • おやじさん
    美しい風景や野鳥を求めていつも飛び回っておられる元気なおやじさんです。
  • 夢太郎さん
    プロの写真家さんです。野鳥撮影は趣味のようですが,作品へのこだわりは,やはりプロ!!
  • こ~ぼう さん
    800mmの大砲を担いで、元気に飛び回っておられます。そのパワーに圧倒されますが、結果が着いてくるところが凄いです。
  • kogamo さん
    ねいの里、呉羽山を中心に精力的に活動されているナチュラリストさんです。(私のブログ初の女性登場です(*^_^*) )
  • りんごさん
    kogamoさんと同期のナチュラリストさんで大の仲良しさんです。kogamoさんとは、また違った感性を持っておられて、kogamoさんと比較しながらブログを見るのが楽しみです。
  • ライダーさん
    私が鳥見を初めた頃、鳥やカメラのことを色々教えて頂いた、私の大事な先生のお一人です。 登山やバイクも趣味にしておられるようです。
  • haseさん
    北陸の西側で活動されています。鳥だけでなく蛍や天体写真、花火など多彩な被写体に取り組んでおられて、とても勉強になります。(機材は高級過ぎて真似できません(汗))

野鳥との出会い

  • 800size20071007_t_11
     バーダー初心者の私が出会った野鳥たちです。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

自宅庭に来たオナガ家族/オナガとアオガエル

先週は所用が重なって鳥見はお休みでした。その分,今週は頑張ってみようかと思っていましたが,この時期,何処へ行って良いかも判らず,結局,自宅周辺でダラダラと過ごしてしまいました。

と言うわけで,今回は,自宅庭に毎朝来ているオナガの小軍団を狙ってみました。

自宅と言えば,夜になるとガラス窓には,アマガエルたちが,やってくる虫を狙って沢山張り付いています。

その中に,一匹だけ,アマガエルとはチョット違ったのが混ざっていました。長女によると,ここ何日も,同じ窓に張り付いているらしい。アマガエルよりは一廻り以上は大きく,シュレーゲルアオガエルと言うらしい。(違っていたらすみませんm(_ _)m)

このアオガエル君を,ちょっと家の中にご招待してみました。(^_^;)

800sizeh200830silky_t

800sizeh200830silky_t_6 800sizeh200830silky_t_5

これだけ見ると,私には,アマガエルにしか見えませんが。。。(^_^;)

さて,オナガ君たち,あちこちでよく見かけるようになりました。最近は毎朝,まだ私が起き出す前に,自宅庭に小軍団がやってきて,ひとしきり騒いだ後,隣のお宮さまへ移動していきます。

よく見かける,オナガ。そういえば,まだ,逆光モノなどばかりで,チャンとオナガと判るのを撮ったことが無いのに気がつきました。

で,今週は,自宅に来るオナガを狙ってみました。この日は珍しく,結構,長い時間滞在してくれたのですが,ヤッパリ,上手く撮れません。。。(-_-;)

先ずは,電線に並んで留まったところから。。。。この時は,もう一羽,横にいました。なので,最低,7羽ということになりますが,この倍はいるようでした。

この子達は,家族でしょうかね?

800sizeh200830raw_t

2階の窓から撮ってみましたが,曇天の朝,露出が上がらす,三脚を取って来る暇も無かったので,使い物になるのが殆どありませんでした。(^_^;)

800sizeh200830_t

これだけでは寂しいので,先々週,小さな町中の電線に留まったところを撮ったのも載せてみました。(完全に空抜けですが。。)

800sizeh200817silk_t_3 800sizeh200817silk_t_4

《今週のまとめ》

今週はオナガ君だけです。そう言えば,小矢部川も先日の豪雨以来,濁ったまま。ミサゴも久しく見ていませんが,トビも少なかったような。。。

もうじき,秋のシギチのシーズンだとか。でも,農家は収穫の秋。。。。はぁ~(-_-;)

(初見・初撮り) なし

(その他) オナガ,アオサギ,ダイサギ,カルガモ,ムクドリ,ツバメ,スズメ,ハシボソガラス,トビ

(番外) シュレーゲルアオガエル

◆チョット,鳥見も休憩気味です~。出かけてみても,あまり居ない。。。◆

2008年8月22日 (金)

立山室堂散策その3/ライチョウ親子と立山

今週末は,研修センターでの有り難いお勉強と,日曜日には地区運動会が待っています。というわけで,鳥見はお預けです。

代わりに,前回からお預けになっていた立山のライチョウ親子を載せました。

地味な雌と雛。それも保護色になっていて,どれもこれも,ハッキリしない似たような写真ばかりになってしまいました。(^_^;)

距離30m。ちょっと遠いので中トリミングしています。諦めかけた,帰り際にやっと会えたので,時間が気になって焦っていたせいか,苦労してデジスコセットを担いでいることを忘れていました。(-_-;)

後で考えると,丁度,デジスコが威力を発揮する距離だったかもしれません。もうチョットましなのが撮れたのかも。。。。(-_-;)

先ずは,室堂平からみた立山(雄山)と,高山植物。

800sizeh200810_t

800sizeimg_8782_t

中央の凹んだところに一の越山荘が見えます。残念ながらここからは,剣岳は見えません。

ミクリガ池周辺を2周したあと,諦めての帰り道。階段付近に人だかりがしていて,「ライチョウ・・・・」の声が聞こえた時には「やっとか!」と思いました。それも雛を連れているのが二組。

残念ながら,ちょっと遠いのが難点でしたが,贅沢は言ってられません。(^_^;)

一枚目は速報版でも載せた親子。(中トリ)

800sizeh200810_t_2

あとは,みんな同じようなモノのオンパレードです。(^_^;)

この子は大トリ,その他は全部中トリミングです。

800sizeh200810silky_t 800sizeh200810silky_t_2

800sizeh200810silky_t_3

この写真だけ,別親子です。雛が大分大きくなっています。

この親子は,雛を1羽だけ連れていました。もう一方のは,小さい雛を2羽連れていました。

800sizeh200810silky_t_4

800sizeh200810silky_t_5

全部,無事に大きく育ってくれることを願うばかりです。

《今夏の立山室堂平のまとめ》

秘かに狙っていた,イワヒバリを見ることができました。それと,やっぱり,ライチョウの親子連れは,観光客の皆さんから「可愛い!!」と人気を集めていました。(チョット遠かったのが残念でした。)

も一つ秘かに狙っていたオコジョは,現れませんでしたが,ライチョウ親子にはその方が良いのかもしれませんね。

来年は,skyworldcupさんのような絵になるライチョウを撮りに行きたくなりました。(*^_^*)

(初見・初撮り) イワヒバリ

(その他) ライチョウ親子,メボソムシクイ,ウグイス(声)

◆イワヒバリ,やっと会えました。ライチョウ親子はヤッパリ人気ものでした。◆

2008年8月16日 (土)

立山室堂散策その2/高山植物とイワヒバリほか

先の日曜日は,避暑のため立山室堂まで行ってきました。標高2,400m。下界とは,10~12℃は涼しい。(10時頃に温度計を見たら,15℃でした。)

目当てはライチョウでしたが,本当は,イワヒバリ,カヤクグリなども見られればラッキー!!というつもりでした。

自宅を6時出発。立山ケーブルの始点,立山駅に着いたのが7時頃。思ったより沢山の人出で,ケーブルカーは,最大搬送量となる15分おきに出ていました。(通常は30分毎程度)

美女平まで7分。美女平から室堂平まで高原バスで1時間。室堂についたのは,9時前でした。

この日は,一切疲れることはしない!!ということで,室堂平,ミクリガ池周辺のゆったり散策だけに留めました。(昨年は,地獄谷周遊コースの登り階段で死にかけましたので。。(^_^;))

高山植物は,満開状態。

800sizeh200810_t

800sizeh200810silky_t

2枚目のスズランのような花は,アオノツガザクラ,向こう側に見える黄色いぼけた花はミヤマキンバイと言うのだそうです。(通りすがりの方に教えてもらいました。)

と言うわけで,取り敢えず,ミクリガ池周辺を1周しましたが,ライチョウは影も形もありませんでした。(ライチョウを探すのは人だかりを捜せば良いので,とても判りやすいです。(^_^;))

代わりに,こんなのがいました。

800sizeh200810silky_t_2

私はなんとこの鳴き声をイワヒバリだと思いこんでいましたが。。。。(-_-;)

メボソムシクイの声も識別できない自分がチョット寂しかったのでした。イワヒバリは,結局声を確認できませんでしたが,後で調べたら全然違う鳴き声でした。メボソムシクイ,こんな所まで来ているのですね。

一応,狙っていたんだから予習していけよ!!と自分に怒っていたのでした。(-_-;)

で,一応,姿だけは確認できたました。(*^_^*)

800sizeh200810silky_t_3

800sizeh2008102silky_t

良くみると,数羽で行動しているようでした。親子かもしれませんね。

残念ながら,その囀りは,ハッキリと確認できませんでした。

というわけで,今回は長くなりましたので,ライチョウ親子は次回にします。

(と言っても,同じような写真ばかりしか。。。。。。(^_^;))

2008年8月13日 (水)

高岡瑞龍寺のライトアップ/野鳥でも自然でもありませんが。。

先日の土曜日,高岡瑞龍寺のライトアップがあるというので,奥さまと見に行ってきました。

さすが国宝!!思ったより沢山の人出で賑わっていました。

歩いて20分位の臨時駐車場からシャトルバスまで出ていました。沿道の門前市も,何か心を楽しませてくれました。

ライトアップは,15分毎に,イルミネショーンタイム?(正確な名前は忘れました(^_^;))と称して,黄,青,赤,緑色などに変化し,思ったよりも楽しませてくれました。

ただ,先のブログでも書きましたが,三脚を持っていったのは良いものの,雲台プレートを忘れたため,三脚雲台にカメラを乗せての手持ち撮影になってしまいました。

ガックリ(-_-;)

いつもは,望遠レンズ本体に取り付けているのをスッカリ忘れていました。何か忘れているような気がしたのですが。。。。。

鳥見の時にいつも使っているベストを着ていれば,ポケットに入っていたのですが。。。

それでも,まぁ,雰囲気だけでも見て下さい。

800sizeh200811_t

800sizeh200811_t_2 800sizeh200811_t_3

800sizeh200811_t_4 800sizeh200811_t_5

800sizeh200811_t_6

何時も,鳥ばかり探していましたが,たまには違ったものを見てみるのも良いものですね。(*^_^*)

2008年8月10日 (日)

立山室堂のライチョウ親子/高原で涼んできました

今週は,土曜の夜に高岡瑞龍時のライトアップを見に行ってきました。

が,ここで,大失態!!(涙)

三脚を持って行ったのは良かったものの,雲台用のワンタッチプレートを忘れたため,無理矢理,三脚の上にカメラを載せての手持ち撮影になってしまいました。ガックリ(-_-;)

日曜日は,今年最初で,最後(多分)の立山室堂へ行ってきました。

お目当ては,ライチョウでしたが,朝から1羽も出ていないとのこと。室堂へ行って初めてライチョウ見ずに帰ることになるのかと覚悟をしていましたが,少し予定より粘っていたら,帰りしなにようやく現れてくれました。(*^_^*)

それも,期待していなかった親子連れが2組!!

ちょっと,遠かった(約30m)のが残念でしたが,一応目的を果たせました。(^_^)

と言うわけで,画像をまだ整理出来ていないので,一応速報の一枚だけ載せます。

後は,後日ゆっくりと。。。。m(_ _)m

800sizeh200810_t

《今週のまとめ》

瑞龍時ライトアップとライチョウ親子。それとイワヒバリ初見でした。

2008年8月 3日 (日)

コムクドリと自宅に侵入したコウモリ君/またまた1週間前の在庫より

とにかく暑いですね。

土曜日の午前中,富山県中央部からバードパークにかけての海岸を見て廻りましたが,鳥は勿論,人間も何故かまばらに感じられました。

時間が一寸早かったせいもありますが,この時期の海水浴場とは思えない閑散とした雰囲気でした。

オマケに,暑さのせいで,一寸歩いただけで,気持ちが悪くなり,早々に引き上げてきたのでした。(^_^;)

今週も,一週遅れの写真です。先ずは,シッカリ見られたのは初めてと思われる,多分,コムクドリ。小さいですが大トリです。(^_^;)(違ったらごめんなさいm(_ _)m)

800sizeh200726_t

ついでに,飛びモノ??800sizeh200726_t_2

飛びモノは,偶然の産物ですが,できれば,もっとジッとしていて欲しかった。。。。

この日は,これだけでした。(^_^;)

で,家に帰ったら家族が大騒ぎ。何かと聞いたら,コウモリ君が家に入り込んでいるとか。

「どこどこ?」と聞いて見てみても,タダのゴミにしかみえません。「死んでるのか?」とほうきでつついたら怒りました。(^_^;)

800sizeh200726_t_3

ホントに怒ってます~。もう少しつついたら,飛び出しました。(^_^;)

その後,家の中を飛び回ったあげくに,玄関の壁に留まりました。う~む,確かにバットウイング!!

可哀想なので,その後,捕まえて放してやりましたが,娘の「狂犬病を持っているかもしれない」とのアドバイスにしたがい,軍手をして捕まえましたが,本当に噛みついてきました。

「だから,逃がしてやると言っているのに!!」

どうして,こちらの気持ちが分かってくれないのでしょうか?ちょっと寂しい気分になりました。(-_-;)

幸い,小さいコウモリなので,軍手の上からは皮膚に届きません。(娘に感謝です)

800sizeh200726_t_7 800sizeh200726_t_6

少しだけ調べて見ましたが,どうも,アブラコウモリ(俗称イエコウモリ)のようです。もっとも普通のコウモリだそうです。イエにしか住み着かないのでイエコウモリなんだそうです。

《今回のまとめ》

念願のコムクドリ若娘(多分)。ようやく,その姿をハッキリ確認出来ました。(*^_^*)

(初見・初撮り) コムクドリ(若?)

(番外) アブラコウモリ(俗称 イエコウモリ)

◆ようやくコムクドリが確認できました(多分)。それとイエコウモリ,結構気が強い奴でした。(^_^;)◆

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック