フォト
無料ブログはココログ

私の大好きなバーダーさん

  • 漂鳥 さん
    野鳥について色々考えさせられるコメントが素敵です。
  • みつわ さん
    わたしの大好きなブログです。
  • スプーンビル さん
    県東部で精力的に活動されている私の先生です。シギチをメインにどんな鳥さんにも深い愛情が感じられます。 狙った獲物は向こうからやって来るようです。
  • vivi_kota さん
    私の普段の行動範囲にお住まいの河北潟の先生です
  • おやじさん
    美しい風景や野鳥を求めていつも飛び回っておられる元気なおやじさんです。
  • 夢太郎さん
    プロの写真家さんです。野鳥撮影は趣味のようですが,作品へのこだわりは,やはりプロ!!
  • こ~ぼう さん
    800mmの大砲を担いで、元気に飛び回っておられます。そのパワーに圧倒されますが、結果が着いてくるところが凄いです。
  • kogamo さん
    ねいの里、呉羽山を中心に精力的に活動されているナチュラリストさんです。(私のブログ初の女性登場です(*^_^*) )
  • りんごさん
    kogamoさんと同期のナチュラリストさんで大の仲良しさんです。kogamoさんとは、また違った感性を持っておられて、kogamoさんと比較しながらブログを見るのが楽しみです。
  • ライダーさん
    私が鳥見を初めた頃、鳥やカメラのことを色々教えて頂いた、私の大事な先生のお一人です。 登山やバイクも趣味にしておられるようです。
  • haseさん
    北陸の西側で活動されています。鳥だけでなく蛍や天体写真、花火など多彩な被写体に取り組んでおられて、とても勉強になります。(機材は高級過ぎて真似できません(汗))

野鳥との出会い

  • 800size20071007_t_11
     バーダー初心者の私が出会った野鳥たちです。

« 海老江海岸のトウネンと十二町潟のオニバス | トップページ | 普正寺の森のエゾビタキ »

2007年9月 9日 (日)

イソヒヨドリ初撮り/小矢部川のカワセミ初撮り

 夏もようやく涼しくなり,そろそろ鳥見再開の時期でしょうか。先週から今週にかけて,念願の初物色々ゲットできました。

 先週は,芝垣海岸にシギ類の様子を見に行きましたが,シギは1種7羽を初見,撮影できましたが,種が???。図鑑を見ても,似ているようないないような。。(-_-;)

640size20070902_t 誰か教えて下さい。

   それより,地元駅前で一度だけ見かけて以来,どうしても再会したかったイソヒヨドリ。4羽がじっくりと相手をしてくれました。たっぷり時間があったので,しっかり撮れたと思ったらどれもピンぼけ気味。。。しばらく呆然としていましたが,考えてみたら完全~半逆光状態でした。その影響が大きかったのだろうと一人納得,今後の教訓になりました。(f=400mm,S=1/800固定,手持ち)

640size20070902_t_2   でも,じゃあどうすればいいの?対策がわかりません。フードをつけたらどれくらい効果があるのでしょうか?

640size20070902_t_3

640size20070902_t_4

 

 今週は,気を取り直して,河北潟と普正寺の森。河北潟では,どうしても見たかったチョウゲンボウ君を初見でした。残念ながら初撮りとはいきませんでした。一応,写したんですが,写真にはほど遠いシロモノでした。(-_-;)

 一寸,モノ足りなかったので,久しぶりに普正寺の森へ行って見ました。ここでは,殆ど何もいませんでしたが,メジロが,結構長い間遊んでくれました。折角,ジッとしてくれるのが現れたと思ったら640size20070908_tカメラの電池切れ。自己嫌悪。。。(-_-;)

 ササゴイの池のメモには,何日にも亘ってサンコウチョウの名が出ていました。来年の初夏には忘れずチャレンジしようと心に決めたのでした。

 一旦,家に帰って所用を済ませると既に夕方近く。いつものように半分期待せず,近くの小矢部川にカワセミ探しに出かけてみました。これで,何回目のチェックでしょうか。昨年末に何度か見かけたカワセミ君。久しく見かけていません。未だいるとわかれば,一日でも待ってみるのですが,いるかどうかわからないのでは一日待つ元気もでませんよね。

 ところが,いつものポイントを見ていると,何かいるようないないような。あれ?急いで双眼鏡で確認すると確かに何かがいます。でも,スコープを出す前に行ってしまいました。(-_-;)

 これはと思い,1時間を限度に待ってみることにしました。そして,丁度1時間後。もう帰ろうと思ったその時に,ついに来てくれたんです。オマケに,飛び込みシーンも見せてくれました。飛び込みシーンは初見でした。距離が遠い(60m)ので,デジスコで1/3にトリミングしてもこの大きさです。風が強くて,これでも良く撮れたほうだと思います。これからは,風のない日を狙って,倍率を上げてチャレンジしてみます。(^_^)v

640size20070908_t_2

 

« 海老江海岸のトウネンと十二町潟のオニバス | トップページ | 普正寺の森のエゾビタキ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

まささん。みつわさん。今晩は。

ご訪問ありがとうございます。m(_ _)m
また,オバシギの件,ありがとうございました。
近間の方々のブログ等を見ていると,なんとなくそうかなぁと思っていましたが,図鑑を見てもんなかなか確信が持てないでいました。

つたないブログで恥ずかしいのですが,ブログにすると,やっぱり鳥見の励みになっているようです。
ちょっと,人に見せられるシロモノではないのですが,まささんからいただいたコメントのように,種の同定をして貰うというのも当初の目的でした。

みつわさんとは,鳥見歴はそれほど変わらないようですが,こちらは,殆ど上達のきざしが見えないので落ち込んでいる今日この頃です。でも,昨年は未だ何処へいけば良いか全く解らなかったのですが,今年は,これから,行ってみたい場所がいくつか出来たのは,少しは進歩しているのかも???

今後とも,宜しくお願いします。

こんにちは。
 うちを訪問してくれてありがとうございました。

 シギの名前は私も分からない、、、と書こうと思ったらまささんが書いてくれてましたね。
 オバシギかぁ。見たことないです。

 カワセミは居ることさえ分かれば、あとは一年中観察できるから嬉しいですよね。素敵なカワセミ写真を楽しみにしています。

こんばんは。みつわさんところから飛んできました。
シギはオバシギの夏羽残りでいいと思います。コオバシギのくちばしの長さではなさそうですから。
それからピンぼけですが、推測として昼の暑い時間に海辺のしかもコンクリート製のテトラの上だと、熱によるユラユラが地表面ではすごいと思います。その影響を大きく受けているのではないでしょうか。
対策としては・・・、対象物との距離を極力詰めるか、出直す、ですね(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400326/7875450

この記事へのトラックバック一覧です: イソヒヨドリ初撮り/小矢部川のカワセミ初撮り:

« 海老江海岸のトウネンと十二町潟のオニバス | トップページ | 普正寺の森のエゾビタキ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック