フォト
無料ブログはココログ

私の大好きなバーダーさん

  • 漂鳥 さん
    野鳥について色々考えさせられるコメントが素敵です。
  • みつわ さん
    わたしの大好きなブログです。
  • スプーンビル さん
    県東部で精力的に活動されている私の先生です。シギチをメインにどんな鳥さんにも深い愛情が感じられます。 狙った獲物は向こうからやって来るようです。
  • vivi_kota さん
    私の普段の行動範囲にお住まいの河北潟の先生です
  • おやじさん
    美しい風景や野鳥を求めていつも飛び回っておられる元気なおやじさんです。
  • 夢太郎さん
    プロの写真家さんです。野鳥撮影は趣味のようですが,作品へのこだわりは,やはりプロ!!
  • こ~ぼう さん
    800mmの大砲を担いで、元気に飛び回っておられます。そのパワーに圧倒されますが、結果が着いてくるところが凄いです。
  • kogamo さん
    ねいの里、呉羽山を中心に精力的に活動されているナチュラリストさんです。(私のブログ初の女性登場です(*^_^*) )
  • りんごさん
    kogamoさんと同期のナチュラリストさんで大の仲良しさんです。kogamoさんとは、また違った感性を持っておられて、kogamoさんと比較しながらブログを見るのが楽しみです。
  • ライダーさん
    私が鳥見を初めた頃、鳥やカメラのことを色々教えて頂いた、私の大事な先生のお一人です。 登山やバイクも趣味にしておられるようです。
  • haseさん
    北陸の西側で活動されています。鳥だけでなく蛍や天体写真、花火など多彩な被写体に取り組んでおられて、とても勉強になります。(機材は高級過ぎて真似できません(汗))

野鳥との出会い

  • 800size20071007_t_11
     バーダー初心者の私が出会った野鳥たちです。

« 21世紀の森/途中でアカショウビンがすぐ側で鳴いていました | トップページ | 立山弥陀ヶ原探鳥会に参加しました »

2007年7月 7日 (土)

五箇山の鳥は声だけ/庄川中流のミサゴ

 先週土曜日は,少し早起きして前回アカショウビンが鳴いていた八尾の民家近くを通って五箇山(利賀)方面へ抜ける道をドライブしてきました。流石に前回鳴いていたところにアカショウビンはいませんでした。(^_^;)

 そこから,合掌作りで世界遺産になった五箇山方面に抜ける道路をドライブしてきました。あまり期待はしていませんでしたが,今回も殆ど声だけの鳥見(鳥聞き?)でした。アカショウビン,クロツグミ,ミソサザイ,キビタキなど。。。他にも,私には判別不可の声が幾種類かあったような。。。ヤマセミがいないかと川縁を見ながらのドライブ(脇見運転は危ないですよ!!)でしたが,今回も出会いはありませんでした。(-_-;) 

 それにしても,夏になると新たな出会いは殆どありません。。。誰か,探し方を教えて下さい。。。m(_ _)m

 と,言うわけで今回の写真は,今日,庄川河川敷で見かけたミサゴです。でも,目一杯ピンぼけしてました(それとも手振れ??かなりトリミングしてあります。)(f400mm ,S1/500)。そう言えば,未だ,ピンのきたミサゴは撮れたことがありません。まだまだ課題は山積みです。。。

640ze2007070_t_1 640ze20070707_t_1

« 21世紀の森/途中でアカショウビンがすぐ側で鳴いていました | トップページ | 立山弥陀ヶ原探鳥会に参加しました »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

 みつわさん。こんばんは。 コメントありがとうございます。
 私も意外でしたが,アカショウビンの声が聞こえるところが結構多いです。もちろん,姿を見たことはありませんが。。先日はホントにもう少しで見られそうだったんですが。。。残念でした。流石に,サンコウチョウの声は未だ聞いていません。ミサゴは結構良く見かけますが,まあ,ところ変われば。。。ということですね。(^_^;)
 ところで,最近,何か凄く祟られている気がしてなりません。実は,倒れたフィールドスコープは,フィルターが外せなくなったままです。フイルターの割れたガラスを取り除いて使っていますが,何とか使えています??(でも,それ以来,写真の写り具合が凄く悪いように感じるのは,気のせいでしょうか。。)(^_^;)。実は,そのすぐあと,今度はカメラ(一眼)が,三脚からはずれて落下。これは,ボディーが変形してファインダーの半分が見えなくなってしまい修理に出す気にもなれず,これを機会に,速攻でD200を衝動買いしてしまいました。(^_^;)。その後,山で車を側溝に落としたり,最近では,デジスコ用にヤフーオークションで買ったお気に入りの改造コンパクトデジカメのレンズの外側を覆う胴筒がポッキリと折れてしまって,接着剤でくっつけようとしたら,レンズ本体まで何処かでくっついてしまったらしく使用不能になってしまいました。泣く泣く,新しいカメラを注文したところです。。。。。まだまだ,何か起こりそうです。(T_T)
 もう少し,モノは大切に扱わねばと反省しています。

こんにちは

 こちらのブログを拝見していると、姿は見えないまでもアカショウビンがわりと身近なんですね。これはすばらしい。私の今見てみたい鳥リスト(そんなん本当は無いけど)の上位です。
 ミサゴもしょっちゅう見られる鳥という感じなのではないですか。いいなぁ。

 ところで、倒れたスコープは大丈夫でしたか?
 私も以前、カメラのついた三脚を倒してしまいました。幸い、カメラもレンズ本体も無事で相当ほっとしました。でもレンズの三脚座がいかれてしばらく使い物になりませんでした。以来、三脚から離れるときは、安定感を相当確かめてからとするようにしています。(プロは絶対三脚から離れないか、離れるときはカメラをはずすそうです)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400326/7063718

この記事へのトラックバック一覧です: 五箇山の鳥は声だけ/庄川中流のミサゴ:

« 21世紀の森/途中でアカショウビンがすぐ側で鳴いていました | トップページ | 立山弥陀ヶ原探鳥会に参加しました »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック